こんなにある!いろんなスロージューサーまとめその1

スロージューサーと言えばヒューロムやクビンスといった韓国製品が思い浮かびますが日本国内メーカーだって頑張っています!

というわけで主要国内メーカーのスロージューサーを紹介していきます。メジャーなものから「なんだこのメーカー?!」的な物まで。ビビッと来るスロージューサーが見つかればいいですね。

スポンサーリンク

Panasonic ビタミンサーバー
MJ-L600-H/MJ-L400-R

MJ-L600/MJ-L400

パナソニックのビタミンサーバー新機種として2018年6月に発売。
「分散型圧縮構造」を採用し、固い食材も最後まで絞り切るのが特徴。

MJ-L600にはあらごしフィルター、フローズンアタッチメントが付属。
基本性能はMJ-L600とMJ-L400に違いはないようです。

色はMJ-L600-Hがグラファイトグレー、MJ-L400-Rがメタリックレッドになります。

→MJ-L600-H(amazon)

→MJ-L600-H(楽天市場)

→MJ-L600-H(Yahoo!ショッピング)

 

→MJ-L400-R(amazon)

→MJ-L400-R(楽天市場)

→MJ-L400-R(Yahoo!ショッピング)

シャープ ヘルシオ EJ-GP1

ejgp1日本製では最も有名なのがシャープのヘルシオシリーズではないでしょうか。

2016年6月に新機種「ヘルシオグリーンプレッソ EJ-GP1」が発売され、葉物に対する搾汁能力が大幅にアップ。青汁を飲みたい方の決定版になりそうです。

→EJ-GP1(Amazon)

→EJ-GP1の販売店比較(楽天)

現時点での売れ筋は2015年4月に発売されたEJ-CF10Aが価格もこなれてきて購入しやすいです。

→EJ-CF10A(Amazon)

 

Panasonic ビタミンサーバーMJ-L500

mjl500

2015年2月に発売され、こちらも日本製スロージューサーの中で好評の製品です。

ステンレスパーツ一体型のスクリューで最後の一滴までジュースを絞りとる仕組みになっています。

発売から一年以上が経過して、こちらもだいぶお求めやすくなっているので買っても損はなさげ。

→MJ-L500の価格比較

テスコム TSJ800-P

テスコムTSJ800-P
2017年4月にテスコムから発売された新機種。
低価格ながら韓国製にも遜色のない性能かつ3.3kgという軽量ボディで好評。

→TSJ800-P(amazon)

→TSJ800-P(楽天市場)

→TSJ800-P(Yahoo!ショッピング)

テスコム TSJ500

tsj500
テスコムと言えばドライヤーやヘアアイロンといった美容家電のイメージですがスロージューサーまで作ってます。
売りはスロージューサー最軽量クラスの3.1kgという軽さ。
価格も10,000円を切ろうかという安さでスロージューサー入門用にピッタリですね。
→テスコム TSJ500(Amazon)

続きます。

→いろんなスロージューサーまとめその2