スロージューサー購入ガイド

コールドプレスジュースを作るのに必要なのがスロージューサー。
このサイトでは様々なスロージューサーのメリット・デメリットを網羅。
あなたに一番必要なスロージューサーはこれ!

クビンス2017年モデル「JSG-721」はどこが変わった?

2018/07/26

クビンスからホールスロージューサー2017年最新モデル「JSG-721」が発売されました。




→JSG-721の10年保証付きショップはこちら←

ホールスロージューサー最新機種として期待が高まるJSG-721。

細かい仕様や違い、お得な販売店情報等をまとめてみました。

販売店・価格情報

JSG-721の価格は税込み42,984円です。まずは主要通販サイトをチェック。↓の各ボタンから価格比較をチェックできます。

JSG-721イメージ
JSG-721
クビンスホールスロージューサー2017年モデル

発売当初と比べるとだいぶ安くなってきたようです。そこまで有名ではないショップが安いみたいですね。

以下は個別のおすすめ販売店です。特典がそれぞれ違います。

キレイshop

クビンスのジューサーを買うならここがまず候補に上がるでしょう。

無償修理保証10年はやはり心強いです。それに加え野菜・果物セットも選べます。
→JSG-721(キレイshop)

クビンス公式ウェブストア

クビンス公式ということで安心感があります。より詳しい情報が載っていますので参考になります。

→JSG-721(クビンス公式ウェブストア)

ベジビア

現在期間限定でJCBギフト券キャンペーンを行っており、購入後にレビューと写真を送ると4,000円分のJCBギフト券がもらえます。4,000円を差し引くと実質最安値になります。
また、保証も3年間付いているため価格とサービスのバランスが良い販売店と言えるでしょう。

→今だけ限定!クビンスホールスロージューサー2017年最新モデルが実質36,984円(税込)

仕様・スペック

JSG-721の仕様は以下のようになっています。

寸法 228x446x208(mm)
重量 6.9kg
消費電力 240W
ドラム容量 400ml
連続使用時間 30分

色はレッド・シルバー・ホワイトの3種類から選べます。

JSG-121との違いは?

やはり気になるのは前モデルJSG-121と比較してどうグレードアップしているのかという点です。

JSG-121イメージ
クビンスJSG-121
ホールスロージューサー/2015年モデル

まあ、JSG-121自体が品薄なので比較する意味はあるのかという疑問はありますが…。

重さ

JSG-121の重さが6.4kgだったのに対し、JSG-721は6.9kgと500グラム増加しています。

ヒューロムH-AAが軽量化を図ったのとは対照的に重くしてきました。これは強度アップによる影響と思われます。

その他

細かい部分ですと、「ドラム構造がシンプルになり、取り扱いが楽になった」「投入口が半透明になって食材を入れやすくなった」「フローズンが作れるようになった」などです。

ヒューロムとどちらがいい?

同価格帯のジューサーとしてはヒューロム2018年モデルのアドバンスド100か2016年モデルのH-AAが挙げられます。詳細は以下の記事からどうぞ。

→ヒューロム2018年モデル「アドバンスド100」の販売店と各種比較

ヒューロム・アドバンスド100は軽量・低速回転・静音性において優れており、一方クビンスは投入口が広く、食材をカットする手間が省けるのが嬉しい点です。なるべくジュースを作る時間を短縮したい方にはクビンスがおすすめです。

また、ヒューロムH-AAは発売されて時間が経っていることからかなり値下げが進んでいます。旧モデルとはいえ性能は大差ありません。なるべく安くで始めたい方にはH-AAを最安値で購入する、という手もありでしょう。

【特別価格】ヒューロムスロージューサー H-AA 1台【送料無料】【低速ジューサー】【コールドプレスジューサー】【ジュース】【フローズン】【hurom】【H2H後継機種】【HAA】

スポンサーリンク

-ジューサー比較
-, ,