スロージューサー購入ガイド

コールドプレスジュースを作るのに必要なのがスロージューサー。
このサイトでは様々なスロージューサーのメリット・デメリットを網羅。
あなたに一番必要なスロージューサーはこれ!

ゲルソン療法に本当におすすめのジューサーは?

2016/11/23

ヒューロムスロージューサーH-AA(赤)

ゲルソン療法において本当に大変なのが「野菜ジュースをたくさん飲む」という部分。

どれだけたくさん飲まなければいけないのか。

226グラム(8オンス)を1日4回~13回です。

どうしてこんなに回数に差があるのかはちょっとわからないですが、どちらにせよ相当な量の野菜を用意しなければいけないのは事実。

226グラム×13回=2,938グラムなので、およそ3リットルもの野菜ジュースを一日に飲まないといけない計算になります。

これを自前で用意しようと思ったらスロージューサーは必須です。しかも選ぶスロージューサー次第で効率がかなり変わってきます。

関連記事:冷凍人参ジュースを買う?スロージューサーで作る?

ゲルソン療法を始めるにあたってスロージューサーで最も大事なのは「搾汁量」ではないでしょうか。

とにかく大量のジュースを作らなければいけないので、一つの野菜から多くの水分を絞り出せるジューサーを選ぶ方が手間も出費も少なく済みます。

では、どのジューサーが最も搾汁量が多いのか。

それはエンジェルジューサー「AG7500」でしょう。

→エンジェルジューサーAG7500の5年保証ショップ

 

関連記事:エンジェルジューサーAG7500は買いなのか?

 

AG7500なら食材に含まれる水分をほぼ絞り出してくれます。他のジューサーの搾りかすをAG7500にかけたら更にジュースが絞れるくらいですからその性能は折り紙つきです。

しかしながら欠点はその価格。20万円近い価格はやはりネックです。それ以外は素晴らしいのですが…。

次点でヒューロムのH-AAでしょう。
最新型なので性能は他のジューサーを圧倒しています。価格もAG7500の4分の1以下なので比較的買いやすいです。

搾汁量も悪くありません。というかAG7500が圧倒的すぎるだけでH-AAも搾汁量においてはトップクラスの性能です。

→ヒューロムH-AAの詳細はこちら

というわけでゲルソン療法を行う場合、おすすめのスロージューサーはエンジェルジューサーAG7500かヒューロムスロージューサーH-AAのどちらかになります。どちらもジューサーとしては文句のない出来なので予算と相談して決定しましょう。

スポンサーリンク

-ジューサー比較
-, ,